株式投資で勝ち続ける(利益を出し続ける)ために必要な要素はたくさんあります。

 

例えば最低限の経済の勉強であったり、ニュースなどの情報を得ることであったり、証券会社のツールを使いこなすことであったりと色々あるのですが、今回はPDCAサイクルの活用について書きたいと思います。

 

PDCAサイクルとは、株式投資の勉強に特有のものではなく、普段日常生活をおくる中で日常的に行っていることを難しく言い換えたものに過ぎません。

 

すなわち、

  1. P(PLAN)仮説・計画を立てる、
  2. D(DO)実行する
  3. C(CHECK)評価・検証する
  4. A(ACT)改善策を実行する

のことで、料理をする時のことを例にだすと、

  1. P⇒レシピを作る
  2. D⇒レシピに従い、実際に料理をする
  3. C⇒味見をして美味しいか検証する
  4. A⇒「美味しい!次からは、このレシピどおりに料理しよう。」or「味が濃すぎた(薄い)!塩を入れすぎたから次からは減らそう(もう少し加えよう)」

となるわけです。

 

もちろん株式投資においては

  1. P どんな視点で取引を行うか、売買シナリオをたてる
  2. D 売買シナリオに従い、実際に取引を行う
  3. C 取引の評価を行い、反省点や改善点を見つけてメモする
  4. A 次の取引時に、メモした反省点や改善点を盛り込んだ売買シナリオをたてる

となります。

 

投資に限ることではありませんが多くの人の場合、PDCAサイクルのうちPとDまではきちんと実行しています。

しかし、自分が成長し続けるために本当に必要なCとAの過程をやらないので、いつまでたっても稼ぐことができないし、何回も同じ失敗を繰り返してしまったりします。

 

売買シナリオのたて方を学び、自分自身を省みることができ、次回の取引に実際に活用できるようになれば、必ず株式投資の世界で成功することができます。

 

それほど難しいことではありませんので、このブログを読んでくれているあなたにはぜひ、PDCAサイクルのうちCとAまでしっかり実行してもらい、成果を出してください。

 

また、私のメールマガジンでは株式取引や相場観、証券業界の裏事情などを、プロの視点から解説してお伝えしています。

少なくとも1年後には全読者さんに成果を出してもらうつもりで書いていますので、よろしければ読んでみてください。

ホワンのメールマガジン

 

メルマガの受信は全て無料で、ときどきプレゼントもお配りしています。