株式投資の世界において、株価と体重はよく似ていると言われています。

 

どういう事かというと、「急激に下がった株価はリバウンドして上昇するが、ゆっくり時間をかけて下がった株価は急に上がったりしない」ということです。

 

経済学における『神の見えざる手』の如く、株の値段にも適正な価格があり、その価格帯を外れると適正価格に戻りたがっているようにも感じられます。

 

長い時間をかけて株価が下がった銘柄は、安いと思って買ってもなかなか反転しません。

まるで、株価を「下げたい、下げるしか無い」という強い意志のようなものが働いているようなものです。

 

このような銘柄は株価の変動がゆっくりなのでデイトレードに不向きなのはもちろん、数日から数週間単位で売買するスイングトレードにも不向きな銘柄と言えるでしょう。

 

反対に、株価が短期間で急激に変動した銘柄は、売買方法とタイミングさえ間違えなければ大きな利益を出すチャンスといえます。

 

すなわち、連日ストップ高になったような銘柄は、下がり始めの段階で空売り(信用売り)注文をする、反対にストップ安になった銘柄は買い注文をすればよいのです。

株価急変動

この、リバウンドするタイミングで上手く取引できれば、おそらくあなたが理想とする利益が、わりと短期間で獲得できます。

 

間違っても、どんどん高くなるからといってストップ高になった銘柄を買ったりしてはいけません。

買った翌日、もしくは数日後には株価が急落して、大変痛い目を見ることになるので気をつけましょう!

 

酷い場合、翌日に株価が半値まで下がり一発退場になることもあります。ストップ高になった銘柄を途中から買っても遅いのですから…。

 

このように、株式投資で成功したりダイエットに成功するかは、株価(体重)の変動具合を見ていれば予測ができるので、”リバウンド理論”をあなたのトレードにも活用してみてください。