日々、上がったり下がったりを繰り返している株式市場の世界で、下げ相場でも利益がだせる取引方法があります。

信用取引の「空売り」です。

 

空売りで利益を出し続けるには、現物取引とは逆の方法で取引すれば良いだけなので、取引方法自体はそんなに難しくありません。

空売り特有の精神状態をいかにコントロールするか、実はそれが一番難しい点だと言えます。

 

値下がりで利益を出そうと思っていた銘柄が値上がりしてしまった場合、「現物取引で普通に買っておけば良かった…」とか、「値上がりによる損失をどうしよう…」等など、色々考えてしまいがちです。

これはいわゆる「初心者」にありがちな精神状態とも言えて、欲を出しすぎている考え方とも言えます。

 

もっと株式投資をよく理解して経験を積めば、このような損失を出している状況でも「自分の予想がハズレたんだな」と実にアッサリした考え方になれるのですが、最初のうちは難しいものです。

 

でも、こういったアッサリした精神状態やプロトレーダーの考え方は、非常に淡白な考え方ですけど理に適ってるんですよね。

 

株式投資は「値上がりするか?」「値下がりするか?」の2択であり、それを予想するだけのゲームです。

だから、経験を積んでそれなりのトレーダーに成長すると、利益が出る・損失が出るに関係なく「買いだろうと売りだろうと、自分の予想が間違っていたんだな」と考えられるようになっていきます。

 

言い換えると、この淡白な考え方を身につけられた人っていうのは、取引において「損切りが出来る人」でもあります。

 

損切りってかなり経験を積んだ人でも、なかなか出来ないと思いますし、投資経験が浅い人には絶対にできないくらい難しいものです。

誰だって株式投資をしている以上、なにがなんでも損は出したくないですからね。

 

でも、今よりも1つ上のレベルになるために、このアッサリした考え方を身に付けて「損切りなんてヘッチャラ!」な精神状態を、是非作ってもらいたいと思います。

 

もちろん、売買シナリオを碌に計画せずに取引を開始して、その結果損失が出たのではただのアホなので、売買シナリオをしっかり立てた上で損切りも学んで行くスタイルを築いていってください。

 

上げ相場では誰も強気でいられますが、下げ相場ではネガティブな考えや、平常時には起こらない思考が出てくることがあります。

そうならないためにも、損切り、平常心、売買シナリオなど…

下げ相場でも生き残るための術を、今のうちから準備しておきましょう。