まるで小学校の読書感想文のタイトルみたいですが2月初めから読み始めて、10日くらいかけて読み終えた本についてです。

本書は1世紀近く前、アメリカの相場でブイブイ言わせていたジェシー・リバモアという人物の偉人伝になります。

約90年前にアメリカで出版され、原題は “Reminiscences of Stock Operator” という英語が理解できない私には難易度が高すぎる本なのですが、ありがたいことに1999年に日本語訳され、私でも内容を知ることが出来るようになりました。

内容は、伝説的相場師として知られるジェシー・リバモアが自らの相場人生における成功と失敗、そしてその理由などについて語る「自伝のような表現」で構成されており、

  • 相場で成功していくために辿った道のりや成功した理由
  • 相場から退場するに至った経緯とカムバックまでの経緯

などについて、かなり詳しく書かれています。

リバモアは株でかなりの資産を築き上げ、株で全ての資産を失い、また復活するというジェットコースターのような人生を辿った人物なので、相場に興味がある人も興味がない人も楽しめる本です。

また、相場参加者の心理というものにもスポットを当てており、「何であの時に買っておかなかったのだろう?」「何であの時に売ってしまったんだ!」といった相場あるあるについても解説されています。

他にもインサイダー取引(相場操縦)の方法や大物トレーダー達の逸話が記載されており、今までよりも一段高いレベルで相場やチャートを見られるようになるので、読んで良かったと思いました。

最近のスカイマークの株価上昇⇒上場廃止の動きに巻き込まれてしまった方にも、是非読んでもらいたいと思います。