気軽にNISAデビュー!!

なんていう証券会社のCMに乗せられて、軽〜いノリで相場の世界に入った方に対してヒドイ仕打ちがあったようです。

具体的には「非課税だって聞いたからNISAで取引したのに、非課税になってないじゃん!!」というもの。

〈参考〉

非課税のはずのNISAで配当金に課税される落とし穴にはまらないために必要なこととは?

 

NISAの取引方法をよく読まないで申し込んでしまった人が悪いといえば悪いのですが、わかりにくい説明しかしない証券会社側にも問題アリかもしれません。

とはいえ、証券会社さんがいなければそもそも相場から利益を得ることは不可能なので、自分で相場や金融商品の知識を身に付け、自衛するしかないですよね。

ということで、主要な証券会社さんのNISA取引における注意点のページをまとめておきました(リンクを張っただけなんですけどね…)。

これから証券口座を開設されるという方は、ひととおり読んでおくことをオススメします。

「NISA万歳!」「NISAシラネw」「NISA?なにそれ?美味しいの?」という方は興味があればお読み下さい。

 

SBI証券

NISA口座でのご注文方法<国内株式>

楽天証券

NISA口座での取引ガイド

松井証券

NISA(少額投資非課税制度)口座の概要

NISA口座での取引方法

配当金受取方法(特に株式数比例配分方式の部分をよく読んでおいてください)

マネックス証券

NISA口座での取引手順

GMOクリック証券

NISA 取引方法

最後に

たくさんの参考リンクを張りましたが、NISAは証券会社の数に関係なく一人1口座しか開設できません。

SBI証券でNISA口座を開設したら、楽天証券では開設できないということです。

また、「非課税になってない!」の原因は配当金受取方法が株式数比例配分方式に設定していなかったことからくるものです。

必ず、配当金受取方法は株式数比例配分方式に設定しておきましょう。

各証券会社でNISAの注文方法が微妙に異なるので、いざ、良い銘柄が見つかって「NISAで注文しよう♪」となった時に困らないよう、予習しておいてください。

ちなみに私は上記証券会社全てで口座開設していますが、NISAはSBI証券で開設しています。

理由は特に無く、よく使う証券会社なのでついでに開設しただけです。

また、NISAでの取引は一度もしたことがありません…。

今年は取引してみたいです。

<参考書籍>

最新版! 税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 NISA 対応

NISAで始める「負けない投資」の教科書