今年の年始に本を読んだことを記事にチラッと書いたのですが、その本についての感想です(遅くなってスミマセン)。

お正月休みに読んでいたのは、こちらの本↓

 

私も「オススメされた本だから読んでみるか! 」っていう感じだったので、『ポジションサイジングってなんぞ?』『タープ博士ってww(笑)』という具合でしたが、読んでみたら『なるほどっ!』と思える部分がたくさんあり、『早速実践せねばっ!!』となりました。

初めからポジションサイジングについて知りたいと思っている方は、アマゾンのレヴューにも書いてある通りガッカリするかもしれませんが、

  • これから本格的にトレードに参加する人
  • ポジションが大きすぎて自滅したことがある人
  • 利食い・損切り、自分の心理コントロールが苦手な人

にとっては役に立つのではないかと思います。

(私は昨年末に自滅した人なので、きっと役に立つと思って読みました)

 

本の著者はトレーダーではありませんが『人間という名の動物』に関するプロで、本の内容も説得力がありますし『自分がいかに甘っちょろい考えで相場に参加しようとしていたのか』思い知らされました。

本の大部分は『稼ぐことを考えたり、上手くいくスキルを追い求めたりする前にやることがあるでしょ!!』というお話で、良い意味でタイトル詐欺の本だったと思います。

魔法科高校 お兄さま1

もちろんポジションサイジングについても著者のデータに基づく持論が記載されており、練習問題も載っていました。

私はこの練習問題でコテンパンにヤラれてしまったわけですが、自分の考えの足りなさを客観的に見なおすキッカケになったとおもいます。

 

本の内容を実践して2週間…

トレーダーとして上手くやっていきたいんだったら、これくらい出来るよね??

みたいなことが書いてあったので、その中のほとんどを実践中なのですが(スミマセン全部じゃないです)、

『う〜ん、まだ何とも言えない』

としか言いようがありません。

ただし、

  • 昨年よりも損切りが躊躇なく出来るようになってきた(ような気がする)
  • 株価に一喜一憂することが少なくなった(ような気がする)

という効果が出始めているので今後も実践していくとともに、定期的に読み返していくつもりです。

値段が少し高めの本なのですが、『チャート、ファンダメンタルズ、材料・・・、色々やってみてるけど何かイマイチだな。あっ!コレってもしかして、俺自信がダメなんじゃね??』と思ったことがある方は、図書館もしくは持っている人から借りるか、アマゾン、楽天などで買って読み、実践することをオススメします(埼玉にお住まいの方なら、貸してあげられるかもしれません)。